五月病なんてぴゅーん!!!

五月に入り、新しい発見の連続で、中々その想いを形にできませんでした。



会いたい人に会いに行ったり、長い間離れていた人に会ったり、会いに来てくれたり、
思いがけない素敵な出逢いがあったりと、どうやら、「出逢いの季節」のようです( ^ω^ )


GW前、元スタッフのお母さんが遊びに来てくれました。

おかあさん

自分達の世代の目線と、違った視点で物事や社会を感じたはるから、
どの話もとてもわくわくして、あったかくなって、かっこいいなって。


とっても素敵な夜に出逢いました。


考えてみると、親と接する時間は、この先、時間にするとそんなに残ってないなって。

母の日は、やっぱり、まだまだプライドが邪魔して、
面と向かって伝えるのは恥ずかしいから、お手紙を渡しました。

"イマ"が、あるのは、両親のおかげ。

色んなありがとうを、これから、いっぱい返していきたいな。

ゆりママ!
ありがとう( ^ω^ )


よく、「"イマ"の自分の積み重ねが未来だ」って言葉を耳にするし、そんな風に想い続けてたけど、
なんだかちょっとだけ、「"イマ"を頑張らなくてはいけないんだ」って自分自身が強く想い込もうとしていた節があって、
ちょっぴりだけ違和感があったんです。

"イマ"

一秒後は未来であって、その一秒後は、すぐに過去になる。

だから、確かに「"イマ"の自分の積み重ねが未来」なんやけど、やっぱり未来の事は、
しっくりと自分のモノにはなってないから、違和感を感じてたのかなって。

って事は。。。

昨日の自分とイマの自分の積み重ねが、未来になっていくって感じた方が、なんとなくしっくりいくなって。

そんな、価値観の変化がGW前にあり、「モモ」を読みました。

GW前に、そんな事を感じていた事をすっかり忘れていて、なんでもノートを見返した時に思い出したんよ。

びっくり。

ありのままの世界を見ている様で、見たいモノだけを見ている自分。
常に、"イマの自分"が選択していると思っているけれども、
実は"過去の自分"から"イマの自分"が生まれ、そんな"イマの自分"が変化し、"過去の自分"になっていく繰り返し。

単純なことだけど、複雑でやっぱり単純。

自然体に、あるがままに受け入れ、トキの流れのように移り変わる中で、自分の答えをその都度だしていきたいな。

そんな、"心"を五月前半に見つけました。


後半もたのしみ!!!

**かよ**

< りんりんりん  | 心のあるままに。 >